春眠暁を覚えず


ご主人さま 穴礼します。

ボクは眠くて、眠くて困ります。

太郎